ユニクロオンラインでの購入商品、返品はレターパックでも良い?

スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク

ユニクロオンラインで購入した商品が自分に合わず、返品を希望される方もいるかと思います。ここでネックになるのが、返送料金ですよね。オンラインで購入した商品は、多くの場合自己負担で返送が必要となります。

実はユニクロオンラインの購入品を返送する時はレターパックライトやレターパックプラスを使うことも可能です。今回は返送料金を抑えるため、レターパックを使用する際どちらを使えば良いのかをまとめてみました。

ユニクロ商品をオンライン、クレジットカードで購入したけど返品したい!

スポンサーリンク

ユニクロオンラインの購入品をレターパックライトで送った方が良い場合

レターパックライトの袋のサイズは長辺340mm、短辺248mmとなっており、A4サイズのファイルと同じです。対面式ではなく郵便ポストへの投函となるため、ポストに入るよう厚さは30mm以内にする必要があります。重量は4kgまで。

料金は全国一律で370円と、後述するレターパックプラスより安い値段となっています。ポストへの投函ですが、切手を貼る必要はありません。

Tシャツ1枚や薄手の商品を返品するのであれば、レターパックライトが良いでしょう。

ユニクロオンラインの購入品をレターパックプラスで送った方が良い場合

レターパックプラスの利用料金は全国一律で520円。価格面ではライトに分があるのですが、レターパックプラスを選択すると良い場合とはどんな時でしょうか。

レターパックプラスの袋のサイズはライトと比較して厚さのみ異なります。ライトは30mm以内である必要がありますが、プラスには厚さの制限はありません。袋に入りさえすれば、発送が可能です。

この「袋に入りさえすれば」というのがポイント。実はレターパックプラスは公式にはアナウンスされていないものの、どうやら「折り目をどのようにつけても受け付けてくれる」ようなのです。袋の容積から算出すると、およそティッシュペーパーボックス(23.5x50x115mm )くらいの体積であれば包むことが可能です。

これならA4サイズ以下の小型バッグだってレターパックプラスで返品できるのではないでしょうか。

小さいけれど厚みのある商品の返品には、レターパックプラスが良いでしょう。

ユニクロオンラインの購入品はレターパック以外の郵送でも送れる?

郵便局のサービスの中には、レターパックより更に安い料金のものもあります。それが「定形外郵便」と「ゆうメール」の2つ。

定形外郵便はレターパックライトとほぼ同じサイズ(340mm×250mm×30mm)まで発送可能ですが、重量によって値段が変わります。250g以内であれば250円と、レターパックよりも更に安く送ることができます。専用の袋を買わなくても良いのもメリットと言えるかもしれません。250g以内の商品を返送するのであれば、定形外郵便を選択すると良いでしょう。

一方注意が必要なのは「ゆうメール」になります。「ゆうメール」ではユニクロの商品を返品することはできません。送れるものは「本」や「CD」など限られたものだけだからです。郵便局の方が袋の端を切って中身を確認する場合もあるそうですので、ユニクロの商品の返送手段として選ぶのはやめましょう。

ユニクロオンライン、返品はレターパックでも送れる? まとめ

まとめると、
A4サイズ、厚み30mmまで、重さ250g以下 ⇒定形外郵便
A4サイズ、厚み30mmまで、重さ250g~4kg ⇒レターパックライト
ティッシュボックスサイズまで、重さ~4kg ⇒レターパックプラス
という選択が良いかと思います。

返品は一度手に取ったという経験以外何も残らないので、なるべく安く済ませたいですよね。

ユニクロオンラインの商品、購入後サイズ交換はできる?

コメント

タイトルとURLをコピーしました