【スパイファミリー】連載終了はある?作者死亡説は本当?

スポンサーリンク
SPY × FAMILY
スポンサーリンク

TVアニメ第1クールが大ヒットとなり、2022年10月よりいよいよ第2クールが放送開始となる「スパイファミリー」ですが、一部の噂では「連載終了」「作者が死亡」と囁かれているようです。

今回はスパイファミリーが連載終了となる可能性はあるのか、作者死亡説は何故流れたのかを考えていきます。

スポンサーリンク

【スパイファミリー】連載終了の可能性はある?

今が人気絶頂とも言える「スパイファミリー」ですが、なぜ連載終了との噂が流れているのでしょうか。

連載終了になるのはどんな時?

少年ジャンプ(プラスを含む)では、公式には連載終了や打ち切りといったものに明確な基準を設けていません。ただ、過去に集英社と連載する漫画家についての物語を描いた漫画「バクマン。」では、“不人気作品が打ち切りになる”という風に描かれていました。

もちろん「バクマン。」はフィクションなので、そのまま現実と同じという事は無いかもしれませんが、アンケートなどの人気調査の結果が打ち切りや連載終了の一つの基準となっている可能性は十分にあります。実際にジャンプ編集部副編集長の相田聡一さんは「アンケート至上主義というと少し違う」と発言していることから、アンケート結果だけが連載終了を左右するという事はないものの、影響があることについては否定していません。

他に連載終了や打ち切りの原因となるのは、体調不良や本人の不祥事など、いわゆる「作者都合」によるものですね。少し前ではありますが、漫画「アクタージュ」は原作者が逮捕されたことで急遽打ち切りになってしまいました。

スパイファミリーが連載終了になる可能性は?

少なくとも“不人気作品が打ち切りになる”という説については、スパイファミリーの場合該当しないでしょう。スパイファミリーの累計発行部数は、アニメ第1クール放送時点で既に2,000万部を突破しており、これはあの「鬼滅の刃」よりも早いペースとなっています。

スパイファミリーの累計発行部数は?失速したって本当?

もちろん作者の不祥事など、急遽打ち切りや連載終了となる可能性がゼロなわけではありませんが、現時点ではそのような噂はありません。

ではなぜ、「スパイファミリーが連載終了」との噂が流れているのでしょうか。そこには“作者死亡”という噂が関係しているようです。続いてはスパイファミリーの作者死亡説について見ていきましょう。

【スパイファミリー】作者死亡で連載終了?

「スパイファミリー」をインターネット検索すると、関連キーワードとして「作者 死亡」の文字が挙がってきます。これは過去に「スパイファミリー 作者 死亡」と検索した人が多いことを表していますが、何故なんでしょうか。

もちろん、スパイファミリー作者の遠藤達哉先生は今も生きており、死亡説はデマです。

メディアに登場しない“空白期間”が長かった

作者の遠藤達哉先生は過去に「TISTA」「月華美刃」「煉獄のアーシェ」「石に薄紅、鉄に星」という作品を描いておられます。ただ作品同士は連載終了から次の連載までに2,3年かかっていました。

【スパイファミリー】作者の前作「TISTA」は面白い?

連載終了から次の連載開始まで期間があくと、ファンの間で作者死亡説が流れるのはよくある事です。遠藤達哉先生は元々メディアへの露出が多い方ではないため、一度発生した噂を払拭できるタイミングが無かったものと思われます。そしていつの間にか、スパイファミリーの大ヒットと同時に「遠藤達哉 死亡」と「スパイファミリー 作者」というキーワードが一緒になってしまったのではないでしょうか。

ロイドの死亡ピンチと検索が混ざった

アニメ第2クールでは〈爆弾テロを阻止せよ〉という話が登場することがPVから明らかになっていますが、この話の中で主人公のロイド(黄昏)が死亡のピンチにさらされます。

【スパイファミリー】ロイドが死亡?未来は変えることができるか

また原作漫画のスリリングな内容から、主要なキャラクターに関しても度々死亡説が発生しているようです。

【スパイファミリー】ヨルは死亡キャラ?明るい未来はあるのか考察

【スパイファミリー】アーニャが死亡する可能性はある?

これらの場合も検索キーワードに関して、「スパイファミリー (キャラ) 死亡」と「スパイファミリー 作者」が混ざった結果、作者死亡説が発生した可能性がありそうです。

 

いずれにせよ、現在流れている作者死亡説はデマであり、死亡はおろか打ち切りや連載終了といった情報には根拠がありませんのでご安心を。

【スパイファミリー】連載終了はある?作者死亡説は本当? まとめ

アニメ第2クールのテレビ放送を目前に控えた現在、スパイファミリーの連載終了という性式情報はありません。発行部数や人気アンケートの結果からも、打ち切りになる可能性は極めて低いでしょう。

作者死亡説についても同様に、恐らくは昔にメディア露出が少なかった事から囁かれていた死亡説が、スパイファミリーの人気によって検索キーワードに挙がってきた可能性があります。こちらの情報もデマであり、スパイファミリーはこれからも連載を続けていくようですので、今後のストーリー展開を純粋に楽しみにすることができそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました