マックで「水」はもらえる?料金はかかる?

スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク

日本のレストランでは当たり前のように、座席につくと水がもらえます。でもマックは基本的に、注文したものしかテーブルの上に置かれませんよね。

でも大丈夫。マックで水は無料でもらえるんです。ただしそこには、幾つか注意点も。

今回はそんなマックの水事情を解説します。

スポンサーリンク

マックで水はもらえる!水の頼み方

食後に薬を飲みたい時など、意外と水が欲しいシチュエーションってありますよね。

マックで水を頼むのは簡単。フード類を注文するときに、「水も一緒にください」と一言添えるだけで水がもらえます。

注文時にお願いすることで、レシートにも「ミズ ¥0」としっかり表示されます。

ちなみに、赤ちゃんのミルクを作りたいという理由であればお湯ももらうことができます。お湯では熱すぎる場合もあるので、「お湯と水をください」という注文も可能みたいです。

マックで水をもらうときの注意点

無料でもらえる水ですが、幾つか注意点も。代表的なものを2つ紹介します。

水だけを注文することはできない

マックにおいて、水は「商品」ではなく「サービス」なんだそう。「スマイル ¥0」と同じですね。マックでサービスを受けるためには、商品を購入しなければいけません。つまり、水だけを注文することはできないというわけ。

ではフード類を注文すれば、ドリンクの代わりに水を注文することは可能なんでしょうか。店舗によって対応が違うようですが、基本的には断られることが多いんだとか。

マックにとって「水」というサービスは、誰にでも無条件に提供されるものではないようです。あくまで「水が必要と判断された場合」に限り、店員の判断で提供されるとのこと。

ドリンクが商品として販売されているマックで、ドリンク代を浮かせたいからといって水を頼むのは少々マナー違反という感じも。利用する側としても、一定の配慮は必要かと思います。

大量の水は注文できない

例えば「喉が渇いているので、Lサイズのカップに水をください」と頼むことはできません。水は有料ドリンク用のカップではなく、専用の小さなカップに入れてもらいます。

ただし、小さなカップでは薬を飲む場合に足りないこともあるでしょう。そんな時は「薬の量が多いので、水を多めにください」と頼めば快く提供してもらえます。

あくまで「必要な場合に必要な分だけ」提供してもらえると覚えておけば間違いありません。

マックでもらえる水は水道水?

マックで提供されるドリンク類に使用されているのは「浄水器で水質が管理された水道水」のようです。

【ウォーターフィルター】
安心してドリンク類をお飲みいただけるように、専用の浄水器を全店設置しています。塩素はもちろん、0.5ミクロン単位の微生物も通さない高性能なフィルターを使用しています。

【水質検査】
使用する水の安全を確認することはとても重要です。水の色や臭いに加え、きちんと殺菌された水が蛇口まで届いているかどうか残留塩素の有無を毎日確認します。

マクドナルド公式HPより引用

浄水器でしっかりと塩素を除去しているので、もらった水が塩素臭いといった事もなさそうです。

マックで水はもらえる まとめ

水は、必要な時は無料で提供してもらうことができます。ただしマックの水はフリードリンクではなく「サービス」なので、利用するのはちょっとした口直しや、薬を飲むときだけにとどめておいた方が良さそうです。提供される水は浄水器で管理されたものなので、安心して飲むことができますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました