【マクドナルド】トッピングは有料?無料では何ができる?

スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク

マクドナルドでは、メニューにトッピング(有料)ができるのをご存じですか?

スタバなどでは一般的な“メニューのカスタマイズ”ですが、実はマクドナルドでもカスタムできることはあまり知られていないんです。

今回はマクドナルドのメニューに追加できる有料トッピングや、無料でできるカスタムをご紹介します。

スポンサーリンク

【マクドナルド】トッピングは有料で何ができる?

有料のトッピングとして増量できるのは、トマトのスライスです。

バーガー類1個に対し、1枚40円で3枚まで増量することが可能です。

トッピングするのはトマトが使われていないバーガーであってもOKなので、例えば味を変えるためにフィレオ系にトマトを追加することだってできちゃいます。

ちなみに「株主優待」を利用すると、トマトの増量は3枚まで無料で行うことができます。

一部実施していない店舗があったり、朝マックは対象外だったりもあるようなので、利用できるかはお店に問い合わせた方が良いかと思います。

【マクドナルド】トッピングを無料でカスタムできる?

無料で増量できるもの

各種バーガーで無料の増量が可能なのはソースです。「ソース多めでお願いします」と注文するだけで、増量してもらうことができます。

一部のバーガーでは、ピクルスやオニオンの増量も可能。

【ピクルス・オニオンの増量対象】
・ハンバーガー
・チーズバーガー
・ダブルチーズバーガー
・ビックマック

増量は基本、2倍の量になるようです。(ピクルス1枚のハンバーガーは増量で2枚に)

「全部多めでお願いします」と注文すれば、ソース/ピクルス/オニオンの全てが2倍量になって提供してもらえるんだとか。

ちなみにポテトも「塩を多めでお願いします」と注文すると、更に塩をふりかけてもらうことができます。たださすがに、2倍の塩は使われないかもしれません。

無料でもらえるもの

実はナゲット(5ピース)を注文する場合、ソースは2つまでもらえます。「バーベキューとマスタード、どちらにしますか?」と聞かれるのでつい「1つ選ぶんだな」と考えてしまいますが、「両方ください」と言っていいんです。

ナゲット(15ピース)を注文する場合には、通常もらえるソースは3つになります。こちらも「ソースをもう一つください」と言えば、ソースを4つに増量することが可能。

またポテトを注文する際、「ケチャップをください」と注文するとナゲットソースと同じような容器でケチャップをもらうことができます。

【マクドナルド】有料でもトッピングで変更できないもの

当然ながら、パティ(肉)の増量は有料でもできません。

またチーズやレタス、ベーコンや目玉焼きなど大きな具材は増量ができないそうです。

月見バーガーの月見増量、ソース多めとか美味しそうなんですけどね。

【マクドナルド】トッピングは減量もできる!

増量の他に、カスタムとして減量できるトッピングも存在します。

【バーガー類で少なめ、無しにできるもの】
・ソース
・オニオン
・ピクルス
・レタス
・チーズ

増量と減量をカスタムすれば、割と色々な味に変化させることができそうですね。

ちなみにポテトの塩も、少なめや無しにすることができるそう。ただポテトの場合、揚げたての段階で塩をふりかけているので、塩少なめを注文した場合には新しくポテトを揚げ直さなければいけません。お店側の負担を考え、混雑時にはあまり注文しない方が良いかもしれませんね。

【マクドナルド】デリバリーでトッピングを変更する方法

実際にモバイルオーダーでトッピングの変更を試したところ、このような画面になりました。

「カスタマイズ」というところをタップすると、減量に対しては選択ができるようになります。

残念ながら、増量や有料トッピングであるトマトを追加する方法はなさそうです。

無料の増量であれば、注文直後に店舗に連絡すれば対応してもらえるかもしれませんが、この方法もやはり混雑時には避けた方が良いでしょう。

【マクドナルド】トッピングは有料? まとめ

有料でのトッピングはトマトが1枚40円となっていました。

以外にも、無料で増量が可能なトッピングがたくさんあったのは驚きです。特に個人的にはポテトにケチャップをトッピングできるのは知りませんでした。

みなさんも是非、カスタムできるトッピングを楽しんでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました