アマゾンプライムは早送りできない?テレビで速度変更する方法

スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク

この記事では、アマゾンプライムビデオをテレビで速度変更する方法について紹介しています。

プライム会員になることでたくさんの動画が見放題になるサービス、「アマゾンプライムビデオ」。でも動画って時々、「早送りしたい」「倍速再生したい」と思う時がありますよね。

テレビで再生速度が変更できたら便利だと思うので、やり方を解説していきます。

スポンサーリンク

アマゾンプライムはテレビで早送りできない?

アマゾンプライムビデオにも「早送り」機能は存在します。方法は次の2つ。

10秒先にスキップする機能

10秒先にスキップしたり、10秒前に戻る機能が備わっています。

Fire TV Stickを使ってテレビで再生している場合、リモコンの右ボタンを1回押すと10秒先へスキップ、左ボタンを1回押すと10秒前にスキップします。

でもこの「10秒」というのが微妙なんですよね。セリフ1つを飛ばすにはちょうどいいんですが、「早送り」かと言われるとちょっと違うかなという感じ。

シーク機能

10秒スキップより「早送り」という言葉がしっくりくるのがこの「シーク機能」。映像と時間を見ながら、好きなところまで移動して再生させることができます。

Fire TV Stickを使ってテレビで再生している場合、リモコンの左右ボタンを長押しするとシーク機能が有効になります。シーク中は小窓で映像のキャプチャが表示されるので、見たいところまで移動させてから長押しを解除すればOK。

アマゾンプライムはテレビで倍速再生できない?

早送りについては、10秒スキップやシーク機能を使うことで対応できることが分かりました。でも早送り中にも音声を聞きたい場合もあるかと思います。特に動画を使って勉強するような方の場合、音声有りの状態で倍速再生したり、低速再生したいと考えることもあるのではないでしょうか。

残念ながら、先程説明した機能では早送り中に音声が再生されません。つまり、テレビとリモコンだけで再生速度を変更する方法は現時点でありません。

実はアマゾンプライムビデオの再生速度変更は、パソコン上であれば可能なようです。ということは、パソコンとテレビをHDMI端子で繋ぎ、パソコンのディスプレイとしてテレビを使用すれば再生速度の変更が可能になるというわけです。

パソコンで速度変更する方法をご紹介しますので「どうしてもテレビで再生速度を変更したい!」と考える方は、試してみると良いかもしれません。

【PCで再生速度を変更する方法】
①Google Chromeを開く
②検索で「Chromeウェブストア」を出す
③ウェブストアで「Video Speed Controller」を探す(似たものが複数出てくるので間違えないよう注意)
④「Video Speed Controller」を選択し、「Chromeに追加」をクリック
⑤「Video Speed Controllerを追加しますか?」と出るので、「拡張機能を追加」をクリック

でもなぜ、テレビではできない再生速度変更がパソコンなら可能なのでしょうか。それは「操作にキーボードが必要」だからです。ここからはインストール後、キーボードを使って再生速度を変更する方法を紹介します。

表示 操作内容 ショートカットキー
Show/hide controller 現在の倍速数値を表示/非表示(画面左上) V
Decrease speed 再生速度 0.1秒ずつ下げる S
Increase speed 再生速度 0.1秒ずつ上げる D
Rewind 10秒の巻き戻し Z
Advance 10秒の早送り X
Reset speed 再生速度を1.00にリセットする R
Preferred speed 再生速度 1.8倍速にする G

例えば、ショートカットの“G”を押せば、音声有りの状態で再生速度を1.8倍に変更することができるというわけです。

更にこのショートカットキー、赤字の部分はVideo Speed Controllerの「Setting」を開けば任意の数値に変更することも可能。自分がよく使用する再生速度を「Preferred speed」のところで変更しておけば、簡単に速度変更ができるようになります。

アマゾンプライムは早送りできない?まとめ

テレビでアマゾンプライムビデオを再生する場合、早送りしたい時は「10秒スキップ」か「シーク機能」を利用しましょう。

音声有りで再生速度を変更したい場合、残念ながらテレビ単体では変更できません。パソコンを繋いで、且つパソコンに「Video Speed Controller」をインストールすれば可能になります。

パソコンにインストールするのは少々面倒かもしれませんが、一度設定してしまえば快適に使用できますし、再生速度変更の必要性を感じているようでしたら設定することをオススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました