アマゾンプライムビデオが止まる!テレビで再生できない時の対処法

スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク

Fire TV Stickを使ってアマゾンプライムビデオを楽しみたいのに、画面が止まることはありませんか?テレビに問題があるのか、別の原因なのか分からずイライラしますよね。

今回は画面が止まる場合にどんな対策をすれば良いのかを調べてみましたので、ご紹介します。

スポンサーリンク

アマゾンプライムビデオが止まる!まずはテレビを再起動

画面が止まるとき、多くの場合はテレビの再起動で解消します。

テレビもPCやスマホと同じく、連続して長時間使用していると動作がモッサリしてくることがあるようです。動きが鈍い時はテレビが不安定な状態にあるので、一度再起動してリセットすることでリフレッシュさせることができます。

一番簡単なのは、コンセントを一旦抜いてしまうことです。完全にシャットダウンして沈黙するまで、余裕をもって3分ほどコンセントを抜いたまま放置しましょう。再びコンセントを挿したとき、インターネットに接続するまで数十秒かかることも忘れずに。

アマゾンプライムビデオが止まる時にテレビ以外で疑うこと

Fire TV Stickの接触不良

テレビの再起動を試しても改善しない時は、Fire TV Stickの接触不良を疑ってみましょう。テレビの再起動と同時に行うこともできますが、可能であれば別々に試してみることをオススメします。同時にやってしまうと、改善したときにどちらに原因があったのか分からなくなってしまうからです。

Fire TV Stickを抜き差ししてみて改善するようであれば、Fire TV Stickまたはテレビの接続端子どちらかが原因で接触不良を起こしていた可能性が高いです。

Wi-Fi環境が不安定

ダウンロードした作品を再生する場合はオフラインでも良いのですが、ストリーミング再生をする為にはテレビがネットに繋がっている必要があります。

Wi-Fi環境下ではスマホもWi-Fiに接続しているでしょうから、簡単なのはスマホをテレビに近づけて、付近のWi-Fi環境を調べること。電波が飛んでいなければ、Wi-Fiルーターの故障かもしれません。

支払い情報に問題

ある日を境にプライムビデオが止まってしまった場合、アマゾンプライムの支払い情報に問題がある場合があります。

支払い情報に問題があって再生できないときは、画面上に次のようなエラーコードが表示されます。

【エラーコード例】
1007、1022、7003、7005、7031、7202、7203、2016、2021、2023、2026、2027、2028、2029、2040、2041、2043、2044、2047、2048、7035

クレジットカードで支払いをしている場合、何らかの原因で代金が引き落としされなかったりするとこのエラーコードが表示されて画面が止まってしまうようです。

エラーコードが表示されている場合は、口座の引き落とし状況を確認すると良いでしょう。

アマゾンプライムビデオが止まる! まとめ

アマゾンプライムビデオが止まってしまう場合、以下を試してみましょう。

【まとめ】
・まずはテレビの再起動
・次にFire TV Stickを抜き差しして接触不良を解消
・通信環境、支払い状況に問題がないか確認

ほとんどの場合これらで解消するはずですが、Amazon側の不具合で配信が一時停止している可能性もあるため、見慣れないエラーコードが表示されている時はTwitterなどで同様の声が挙がっていないか調べてみるのもアリだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました