アマゾンプライム、「購入」と「レンタル」の違い

暮らし

我が家ではよく、アマゾンプライムの映画を観て楽しんでいます。基本的に無料の範囲内で視聴しているのですが、なかには「購入」や「レンタル」として有料なものもあるのに気づきました。

今回はアマゾンプライムで見つけた「購入」と「レンタル」の違いを解説していきます。

アマゾンプライムにも「購入」「レンタル」がある?

「購入」「レンタル」はアマゾンプライムのサービスではありません。

「購入」や「レンタル」と表示されている作品は、実は「アマゾンビデオ」というサービスにより配信されているものになります。イメージとするとアマゾンが提供する映像配信サービスが「アマゾンビデオ」で、その中にプライム会員であれば無料で視聴できる「プライムビデオ」がある、という感じ。

「プライムビデオ」はプライム会員しか利用できませんが、「アマゾンビデオ」はアカウントを持っている全ての会員が利用することができます。

「購入」や「レンタル」のボタンが表示される作品は、一般会員でもプライム会員でも有料となっています。

アマゾンビデオの「購入」と「レンタル」の違い

期間にとらわれず何度も作品を観たい場合は「購入」、観る時が決まっていて1回限りなら「レンタル」を選択しましょう。

ざっとそれぞれの特徴を解説しますね。

【アマゾンビデオを「購入」した場合】
DVDを購入したのと同じように、購入すれば何度も観ることができます。
視聴期限もなく、映像データを自身のアカウントに保存できます。

【アマゾンビデオを「レンタル」した場合】
レンタル期限と視聴期限が発生します。
レンタル期限はレンタルボタンを押してから30日後が期限。
視聴期限は視聴開始から48時間(または7日間 作品により異なる)が期限。
どちらか先に期限が来ると、観られなくなります。

48時間以内に何度も映像を繰り返し観る、というケースも無くはないですが、多くの場合はレンタルでは1回しか観ないでしょう。

「購入」と「レンタル」の違い まとめ

私の場合、ほとんどのケースで「レンタル」で十分かなと思っています。何度も観たい作品にはなかなか出会わないし、出会ったらその時に購入すればいいし。

確かにプライムビデオとアマゾンビデオの違いは少々分かりづらい部分も感じられます。この辺りは今後のサービス改善で表示方法などが変更になるかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました