【スタバ】ブレべミルクとは?めんどくさい注文って本当?

スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク

みなさんはスタバで「ブレべミルク(ブラべミルク)」を注文したことはありますか?

私はごくたまに注文することがあるのですが、実は少し「めんどくさいだろうな」と感じてしまうところがあるんですよね。

今回はスタバでブレべミルクが“めんどくさい注文”と思う理由についてお話します。

スポンサーリンク

【スタバ】ブレべミルクとは?

色々なカスタムができるのも魅力なスタバ。ブレべミルクはカスタムできるミルクの種類のひとつです。

普通の牛乳の他に低脂肪乳、無脂肪乳、豆乳も選べるミルクカスタムですが、ブレべミルクとは牛乳と生クリームを1:1で混ぜ合わせたものになります。ブレべの語源はイタリア語の“Breve”で、日本語に翻訳すると“凝縮”という意味だそう。

名前の意味からも分かる通り、ブレべミルクの味はかなり濃厚。カスタム前のものとは味が全くといっていいほど変わります。

一応、ブレべミルクはどんなドリンクにもカスタマイズ可能です。ただブレべミルクは甘味を感じるカスタムになるので、元々甘いドリンクにカスタムしてしまうと喧嘩してしまう場合も多いですね。王道はスターバックスラテ、抹茶ティーラテでしょうか。

ただ“あえて”甘いドリンクにブレべミルクを追加する方もいます。もはやドリンクというよりデザート感覚ですね。ツイッターだと特に「抹茶フラペチーノ」にブレべミルクを追加するというコメントが多くありました。フラペチーノの場合、氷の粒感が牛乳のときより更になめらかになって、その食感はもはやアイスクリーム。


これだけ濃厚だと、カロリーや糖質も気になりますよね。カロリーは正確には公表されていませんが、普通のスターバックスミルクの2.5倍と言われています。ただ実は糖質は低く(半分が生クリームのため)、豆乳と同じほどなんだとか。

【スタバ】ブレべミルクを作るのはめんどくさい?

「ブレべミルクを作るのはめんどくさい」という話は、私も聞いたことがあります。この噂はどこから来るのでしょうか。

確かに注文後の店員さんを見ていると、大きな声で「ブレべです!」と他の店員さんにアピールしていたり、混ぜ合わせる用の器具を用意したりと大変そう。どうやらブレべミルクの材料が、普通の牛乳が保管されている冷蔵庫とは別のところに保管されているようで、取りに行かれている姿も見受けられました。

では手間がかかる分時間もかかっているかといえば、そこまで作るのに時間はかからない印象です。先日注文したスターバックスラテ(ブレべカスタム)は、一緒に注文して別の方が作ってくれたメロン フラペチーノよりずっと早く完成しました。

確かにカスタム無しに比べたらひと手間かかるブレべカスタムですが、店員さんは快く対応してくれます。

【スタバ】ブレべミルクを注文すると確認されるのはめんどくさいから?

みなさんはブレべミルクのカスタムで注文するとき、「ブレべで宜しいですか?」と2回以上聞かれたことはあるでしょうか。本当にいいんですか?といった感じ。私は過去に何度かあるのですが、これは作るのがめんどくさくて聞いているのでしょうか。

調べてみると、答えは「NO」であることが分かりました。

実はブレべカスタムはその濃厚さゆえに、店員さんによっては味が変化することを購入者に確認することがあるようなんです。カロリーも倍以上ですし。自分たちが作るめんどくささという意味合いは無く、あくまで「別次元の味になりますが宜しいですか?」という意味で聞いてくれるのだとか。

しっかりと接客について教育されていることで有名なスタバですから、「作るのがめんどくさいから本当にそれで良いか確認」なんてことはまずしないでしょう。完全に私の思い過ごしでした。

【スタバ】ブレべミルクはめんどくさい注文? まとめ

ブレべカスタムは作る手間がかかるものの、少なくとも店員さんは「めんどくさい」なんて思っていないだろうと思います。敢えて何度も確認するのは、思いつきや間違いでうっかり超濃厚ミルクにしてしまうことで、購入者が飲んでびっくりしないようにするための配慮だったというわけです。

ブレべミルク以外にも本当にたくさんのカスタムがありますし、今後も色々な味にトライしてみようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました