スタバのクッキー、賞味期限はどのくらい?不二家のあのお菓子と比較!

スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク

スタバのサイドメニューの中で古くからある「チョコレートチャンククッキー」。昔は個別包装されておらず賞味期限が分からなかったのですが、現在はパッケージに賞味期限が記載されているって知っていましたか?

今回はスタバのチョコレートチャンククッキーの、賞味期限について調べてみました。

スポンサーリンク

【スタバ】クッキーの賞味期限はどのくらい?

「チョコレートチャンククッキー」の賞味期限は製造から1ヶ月半ほど

家庭で作る手作りクッキーの一般的な賞味期限は3日~1週間と言われています。それと比較すると、スタバのチョコレートチャンククッキーは比較的長持ちしますね。

長持ちの秘訣は恐らく、原材料に明記されている「酸化防止剤」のおかげかと思います。個別包装されていることも加わって、酸化による劣化を防いでいるんですね。チョコレートチャンククッキーに使用されている酸化防止剤は“ビタミンE(V.E)”で、植物油脂から分離・精製して作られるんだとか。

酸化防止剤と聞くと、「添加物だから体に悪いのでは?」と感じるかもしれません。確かに添加物は摂取しないに越したことはないのですが、日本では厚生労働省によって定められる「食品添加物規定」というものがあるので、身体に過度の負担がかかるような量の添加物は入らないんだそうです。むしろ酸化防止剤によって食中毒などのリスクから守られていると考えれば、そこまで心配する必要はないのかもしれません。

【スタバ】クッキーの賞味期限をあのお菓子と比較!

個別包装になる前から、不二家の「カントリーマアム」に似ているという意見が多数挙がっているチョコレートチャンククッキー。大きさは違うものの、確かに食感と味は似ています。それにチョコレートチャンククッキーの製造元は実は不二家ですし。

カントリーマアムの賞味期限は製造から9か月(未開封)なんだそう。あれ?チョコレートチャンククッキーとずいぶん違いますね。

違いの原因は恐らく大きさに秘密がありそうです。というのもカントリーマアムにはミニストップとコラボした、その名も「大きなカントリーマアム」というのが存在するのですが、そちらの賞味期限が約1ヶ月半なんです。大きい事で面積が増え、乾燥しやすくなったり酸化しやすくなるのだと思います。

【スタバ】クッキーの賞味期限 まとめ

多くの人がコーヒーと一緒に楽しむのだと思うので、賞味期限1ヶ月半は十分すぎるくらいだと感じました。

カントリーマアムに似ていますが、個人的にはチョコレートチャンククッキー推しだったりします。あのシットリ感というか、モッタリ感というかがたまらないんですよね。賞味期限やその理由が今回分かったので、今までよりもっと安心して買うことができそうです(実際は買ってすぐ食べちゃうんですけどね)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました