スタバで水はもらえる!でも水道水って本当?

スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク

この記事ではスタバで水を頼む方法と、もらえる水はどんなものなのかを解説しています。

スタバでは通常、ドリンクを注文した時に水が一緒に提供されることはありません。でも薬を飲みたい時や、甘いドリンクの後に口直ししたい時には水が欲しくなりますよね。

コーヒーの原料は豆と水ですから、スタバで水をもらうことはもちろん可能です。ただ注文する場合には幾つか注意点も。順番に解説していきますね。

スポンサーリンク

スタバで水はもらえる!頼み方と料金、注意点

スタバでは水を無料で提供してもらえる

レジでの注文時、またはバーでのドリンク受け取り時に「お水をください」と声をかければ、試飲用の紙コップに水を入れてもらえます。料金は無料。

水はドリンク受け渡しのバー付近の蛇口から提供されますので、より確実に水をもらうのであればドリンク受け取り時にお願いするのが良いと思います。

試飲用の紙コップに入れてもらえる水の量はそれほど多くありません。2~3口分といったところでしょうか。私はエスプレッソを注文した時なんかに口直しでもらうことがあります。

温度は決してキンキンに冷えているわけではなく、常温になります。もし冷たい水が飲みたい場合は、「水に氷を入れてください」とお願いすれば氷水がもらえます。

スタバで水を注文する際の注意点は次の2つ。

・水をもらえるのはドリンクまたはフードを注文した数だけ
・おかわりは基本NG

複数人で来店したとき、一人だけコーヒーを注文して残りは水、というのはマナー違反になります。また喉が渇いていても、一人で何杯も水をもらうのも良くありません。スタバではペットボトルのミネラルウォーターも販売しているので、口直しや服薬以外で水が欲しいときはペットボトルを購入しましょう。

スタバの水は水道水って本当?

スタバでは水道水を浄水器でろ過して提供している

実のところスタバでは、コーヒーなどのドリンクには水道水を使っています。もちろん浄水器でろ過していますので、カルキやミネラルはしっかりと抜けています。ちなみに浄水器のメーカーは“エバーピュア”で、業務用浄水器の大手なんだとか。

スタバがあえてろ過した水道水を使う理由は、コストカットの為ではありません。コーヒーには本来“軟水”が適しているのですが、ミネラルウォーターはその豊富なミネラルゆえ、“硬水”であることが多いです。日本の水は軟水なので、もともとコーヒーに適しているというわけ。

スタバのポリシーには、「飲み物のおいしさを活かすのは水」というものがあります。決して妥協で水道水を使っているわけではなく、しっかりと選んだ結果浄水器でろ過することにしたんだそう。

スタバで水が最初からもらえない理由

世界的には水がもらえる方が珍しい

スタバはアメリカ発祥のカフェです。実は入店したらまず水が提供されるのは日本独特の文化だそうで、海外では水は注文しないと出てきません。

日本に出店していてもあくまでアメリカのカフェなので、水はお願いしないともらえないというわけです。

店舗によって違う!スタバの水事情

水がセルフサービスの店舗も存在

基本的に、無料の水であっても注文しないともらえない水ですが、一部店舗ではセルフで水をコップに入れることができる店舗もあるようです。

セルフの場合も水は試飲用のカップに入れて座席まで持っていくことになりますが、喉が渇いているからと言って注いだその場で飲むのはマナー違反なのでやめましょう。

海外では〇〇の水を使って問題となったことも

問題となったのはスターバックス中銀大廈店(香港)。2011年の開業から2013年5月まで、店舗近くのトイレから飲用水を取っていたことが発覚し、問題となりました。

スタバの公式見解では「貯蔵タンクは定期的に消毒され、提供する際は浄水器でろ過されており、衛生上問題ない」と発表されましたが、世間からの非難の結果ウォーターサーバーを設置するという対策に落ち着いたんだそうです。

店内に水道設備が無かったことが原因と言われていますが、地元市民がスタバへの不信感を抱く事件となりました。

スタバで水はもらえる! まとめ

今回はスタバでもらえる水について解説しました。あえて日本式に染まらず、アメリカのスタイルを貫いているところも人気の秘訣なのかもしれませんね。

カフェは色々な人が気持ちよく過ごすための空間です。マナーを守って利用できるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました