【スタバ】バイト面接に落ちたサインは存在する?

スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク

他のアルバイトと比べ、競争率が高く合格が難しいと言われるスターバックス(スタバ)。

どんなに準備して臨んでも、合否連絡が来るまでは安心できませんよね。面接中に「落ちたサイン」はなかったでしょうか。今回は既にスタバのバイト面接に落ちたことがある方の意見を参考に、落ちた時のサインを幾つかご紹介します。

スポンサーリンク

スタバに「バイト面接に落ちたサイン」は存在するか

全店舗で共通する「落ちたサイン」は存在しない

スタバの面接官は、バイトを希望する人の多くが実際に自身がスタバをよく利用する“お客様”であるという認識があるそうです。面接に来た人はまだ共に働く“パートナー”ではないので、面接官は面接を受ける人に対して高圧的だったり、冷たい態度をとったりすることは基本的に無いそうです。

ただしそれは、面接を受ける側にも「誠意」がある場合のはなし。接客業の面接なのに身だしなみが整っていなかったり、清潔感が無い場合は面接以前の段階で不採用の可能性が高まります。

スタバのバイト面接に落ちた人が振り返る「面接中のサイン」

ここからは実際にスタバのバイト面接を受けた方の体験談をもとに、幾つかのケースが「面接に落ちたサインだったか」を考えてみたいと思います。

面接結果の連絡が遅い場合は?

連絡が遅いことは不採用のサインではない

バイトの採用面接をするということは、その店舗で人員が足りていない証拠です。人員が足りていないという事はつまり、店員さんが他の店舗より忙しいという事。採用面接を行う管理者の方は、きっとその店舗で誰よりも忙しいはずです。

実際に採用となった方の中には、面接から1週間以上経ってから連絡が来た方もいるようです。採否が分からない間は不安な日々となりますが、辛抱強く待つようにしましょう。

面接がすぐ終わった場合は?

面接中の質問内容によっては、採用の可能性が高いと考えてよい

一般的にスタバのバイト面接は30分前後で終了することが多いそうです。ではもし、15分で面接が終了した場合は落ちたサインとなるでしょうか。

15分の面接でどんなことを聞かれるかにもよりますが、志望動機や長所・短所、スタバのバイトで将来どうなりたいのかなど、面接を受ける人の内面に関する質問ばかりだった場合には採用の可能性が高まります。内面を聞かれるということは、目で見て分かる外見や印象は基準をクリアしていると判断することができるからです。

一方スタバは接客業ですから、他のバイトよりも「印象」を大事にします。特に会った瞬間の第一印象は非常に重要です。実際採用された方の中には、第一印象が決め手となって10分の面接で採用になった方もいました。

面接が長かった場合は?

短かった場合に比べてやや採用の可能性が下がるものの、悪い事ではない

では面接の時間が45分以上だった場合はどうでしょうか。それはつまり、30分経過の段階では採用すべきか迷っていることを表しています。

つまり、即不採用となるような致命的なミスも無いものの採用とするには根拠が足りない場合、追加で質問されるために時間がかかるということです。

面接時間が長かったことから結果を不安視する方も多いと思いますが、時間が長かったことと不採用になることはイコールではありません。ポジティブに捉えるのであれば、面接時間が長い事は「あなたの事をもっとよく知りたい」という面接官の気持ちの表れという事ができます。

「他店舗に紹介してもよいか」と聞かれた場合は?

落ちたサインではなく、“他店に紹介できるレベル”という意味

これは同じ店舗に採用枠以上の募集があった場合に言われることがあるそうです。決して「ウチでは絶対に不採用だけど」という意味ではなく、面接を受ける人が希望するシフトがその店舗の都合に合わない場合や、合格基準を満足している他の誰かと自身が比べられている状況だと捉えることができます。

この一言が出たとしたら、それは面接官から一定の“お墨付き”をもらったと考えましょう。

スタバの「バイト面接に落ちたサイン」 まとめ

スタバにおいては明確な「バイト面接に落ちたサイン」は無いことがわかりました。

採否の連絡が来るまではどうしても不安になるかと思いますが、既に店員さんとして働く先輩たちは多かれ少なかれ同じような不安を乗り越えて採用になっている方がほとんどです。極力ポジティブに捉え、また仮に今回不採用となっても「次また頑張ろう」と考えられると、スタバのバイトに向けて1歩前進したことになると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました