【ブルーピリオド】「セカイくん」って誰?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ブルーピリオド」の中で橋田悠というキャラクターが口にする「セカイくん」というキーワード。一体誰のことを言っているのでしょうか?

今回は「セカイくん」の正体とその理由を解説していきます。

スポンサーリンク

【ブルーピリオド】「セカイくん」の正体

・正体は同じ予備校の高橋世田介(たかはしよたすけ)

「セカイくん」というワードが最初に登場するのは橋田悠の登場シーンとほぼ同時です。

人の絵を観るのが苦手な八虎は、手に入れた2枚の美術館の割引券をどう使おうか迷っていました。勇気を出して世田介を誘ったとき、自分も行きたいと言い出したのが橋田悠です。

その後の会話で橋田は世田介と同じ高校に通っており、橋田は美術コース、世田介は特進コースであることがわかります。私立系の高校なんでしょうかね。

ちなみに橋田悠というキャラクターについてはこちらの記事で紹介しています。
【ブルーピリオド】予備校で一緒の橋田悠(はしだはるか)ってどんな人?

【ブルーピリオド】「セカイくん」と呼ばれる理由

・「世田介」をタテに漢字で書くと…!

美術館に橋田が同行することに、世田介は明らかに嫌がっています。同じ予備校に知り合いがいることを八虎が羨ましがっても、そっけない反応を示します。

そんな橋田がなぜ世田介をあだ名で呼ぶのでしょうか?その秘密は「高橋世田介」という名前にありました。

そう、世田介を「世+田介」に分けて、タテに書くと「世界=セカイ」になるんです!

「セカイくん」と呼ぶのは「世田介くん」と呼んでいるのと同じ意味だったんですね。世田介自身も橋田の存在はウザがっているものの、「セカイくん」と呼ぶことは否定しません。もしかすると、二人の通う高校ではみんな「セカイくん」と呼んでいるのかも。

 

愛想が無くぶっきらぼうな世田介ですが、美術館を提案した八虎の誘いは断らないし、本当のところは八虎をどう思っているんでしょうか。よろしければこちらの記事もどうぞ。
世田介は八虎が好き?それとも嫌い?

【ブルーピリオド】「セカイくん」って誰? まとめ

「セカイくん」とは高橋世田介のニックネームでした。

世田介は“ブルーピリオドのヒロイン”とも言われる重要なキャラクター。10月から放送されるアニメでどのように描かれるのか楽しみです。

【おまけ】
ブルーピリオドのヒロインに関する記事はこちらからどうぞ。
【ブルーピリオド】ヒロインは一体だれ?

コメント

タイトルとURLをコピーしました