【ブルーピリオド】森先輩は志望する大学に行けた?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ブルーピリオド」に登場する“森先輩”。果たして彼女は自分が志望する大学に行けるのでしょうか?

今回は森先輩の志望大学と受験結果に迫りたいと思います。

↓関連記事↓
森先輩がかわいい!

森先輩の名言3選

スポンサーリンク

【ブルーピリオド】森先輩が合格した大学は武蔵野美術大学

結果として、森先輩は武蔵野美術大学に推薦合格します。恥ずかしいのか、「合格しました」とはっきり言わないあたりが森先輩らしいですね。

現実世界ではリリー・フランキーさんやスピッツの草野マサムネさんが武蔵野美術大学の卒業生として有名のようです。偏差値や合格率は東京藝術大学に及びませんが、美術界の歴史に深く関係していると言われる通称「ムサビ」。

本人は合格して嬉しそうな姿が描かれていますが、実際のところ、本当に行きたかった大学に進学できたのでしょうか?

【ブルーピリオド】森先輩が大学をムサビに決めたワケ

受験前の夏の時点で、森先輩の志望校は3つありました。

・東京藝術大学
・多摩美術大学
・武蔵野美術大学

その中でも森先輩自身は、武蔵野美術大学の推薦枠で合格することを希望します。

彼女の心の中にはどんな動きがあったのでしょうか。

「描きたいものしか描けないから だから絵を持ち込んでいい推薦入試にしたんだ ・・・ 逆に言えば一般入試で受かる自信はなかったの」

八虎から見て、森先輩は美術部で最も絵が上手い先輩でした。でも森先輩自身は、自分がどれだけ努力して絵が上達したかを理解していました。今の自分を知ったうえで、最終的に選択したのが武蔵野美術大学の推薦枠。

森先輩は他人に絵を誉められても、自分の能力を自慢するシーンは1度もありません。絵を描くことに精通すればするほど、自分の“限界”がはっきりと見えていったのかもしれません。

絵を描きだしたばかりの八虎の可能性に、どこか羨ましさを感じていたのかもしれませんね。

 

ところで、八虎は森先輩に憧れている様子が様々なシーンで描かれていますが、森先輩の方は八虎のことをどう思っているのでしょうか?もしかして今後、二人が恋愛に発展してしまうのでは…。

別の記事でこの辺りをまとめていますので、良ければご覧ください。
森先輩と八虎に恋愛はあるか

【ブルーピリオド】森先輩の大学 まとめ

森先輩が合格した大学は武蔵野美術大学でした。推薦枠を選んだのは、自分自身に絶対の自信を持てなかったから。そんな森先輩は、自分が成しえなかった「東京藝大に現役合格」という夢を、後輩の矢口八虎に託します。

知れば知るほど、「ブルーピリオド」が高校生・大学生の“リアル”に忠実なのが分かります。アニメがもうすぐ始まりますが、このリアリティがどのように表現されるのか、今からとても楽しみです。

↓関連記事↓
アニメ1話のあらすじは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました