【ブルーピリオド】予備校で一緒の橋田悠(はしだはるか)の紹介、名言も

スポンサーリンク
スポンサーリンク

美大を目指す成長物語、「ブルーピリオド」。東京藝大を受験するため予備校に通う矢口八虎ですが、そこで“橋田悠”という人物と知り合いになります。

美大を目指す人は個性的な人が多いですよね。今回は予備校の主要メンバーの一人である橋田悠というキャラクターを解説します。

スポンサーリンク

【ブルーピリオド】予備校で一緒、橋田悠のキャラクター

身長 189㎝
誕生日 2月5日
家族構成 姉2人、妹1人
絵を描く時の格好 白衣
(ピクシブ百科事典より)

“おさげ”がトレードマークの橋田。男性です。おさげにしている理由を聞くと、毎回違った答えを返してきます。

橋田が答えた「おさげの理由」
・真面目さをアピールするため
・髪が長いと絵を描く時にジャマだから
・宗教上の理由?

【ブルーピリオド】予備校で一緒、橋田悠の趣味

少々変態的な絵描きフェチ

鑑賞が好きで豊富な知識を持つ橋田ですが、好きなのは作品の鑑賞だけではありません。絵を描く姿そのものが好きで、よく興奮しています。髪型といい変態的な趣味といい、一筋縄ではいかない個性的なキャラクターですね。

【ブルーピリオド】予備校で一緒、橋田悠の名言

誰にでも好き嫌いがある。有名なものが自分にとっても“良いもの”とは限らない。

コンビニに「鑑賞しに」来たと言う橋田。その視点から絵描きならではのセンスを感じますよね。

単なる変わり者かと思いきや、良い言葉をたくさん八虎に投げかけています。

【ブルーピリオド】橋田悠の紹介 最後に

予備校で一緒になったのをきっかけに、八虎に大きな影響を与える橋田というキャラクター。名言も多く、先程ご紹介した以外にもたくさんあります。

現在も続いている原作では今後、橋田がどのように描かれるのでしょうか。とても楽しみです。

↓関連記事はこちらから↓
【ブルーピリオド】八虎が通う予備校はどんなところ?
【ブルーピリオド】予備校の講師、大葉先生ってどんな人?

(おまけ)
↓作者のこんなツイートを発見しました↓

ブルーピリオドに関する口コミはこちら↓
【ブルーピリオド】ツイッターの口コミまとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました