【プラチナエンド】ムニの目的は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大場つぐみ(原作)、小畑健(漫画)によるアニメ、プラチナエンド。物語の後半では、ラスボスにあたる米田教授の守護天使として「ムニ」が登場します。

でもムニって、口数も少ないし何を考えているのか分かりづらいですよね。

今回はそんなムニの心の中身を探っていきます。

スポンサーリンク

【プラチナエンド】ムニは何の天使?

・ムニは「破壊の天使」 特級

ムニは特級天使です。そのため、米田教授は最初から「赤の矢」「白の矢」「翼」の全てを持っています。

↓赤の矢に関する記事はこちらから↓
【プラチナエンド】赤の矢を使ってできること

確かに“天使”というよりは“死神”っぽいですよね。「破壊の天使」ですし。

【プラチナエンド】ムニの目的は?

・ムニの目的は「天界の破壊」

破壊の天使、ムニ。その目的はなんと、自分の住む世界である天界の破壊です。

ムニは天界にいながら、何もしない“神”という存在や自分たち“天使”という存在を良く思っていないようです。そこで“神”という存在から最も遠いと思われる科学者、米田教授に目を付けます。神とは何なのか、人間の未来とはどんなものか…。米田教授の考えの先にあるのが、ムニ自身が求める天界の破壊となることを見据えたのでしょう。

当初は誰も神にならないことで神の自然消滅を狙ったムニでしたが、米田教授が神候補選びから辞退することで一旦は不発に終わります。しかしネタバレになりますが、最終的にムニの目的は叶います。最後に神となった中海が“神の自殺”をするからです。

【プラチナエンド】ムニの言葉の意味は?

・「ヌ」は“YES”、「マ」は“わからない”

ムニは基本的に言葉を発しません。そんなムニから情報を得られたのは、神候補に選んだ相手が米田教授だったからです。米田教授はムニと様々な会話をする中で、ムニの特殊な言葉を理解していったようです。

ただムニは、人間の言葉を全く話さないわけではありません。初めて米田教授とムニが遭遇したとき、ムニは確かに米田教授に言葉で語りかけています。

もちろん最初に発したのは「ヌ」ですが、米田教授の心に語りかけた言葉は“YES”だけでは表現できないものでした。

【プラチナエンド】ムニの目的 まとめ

破壊の天使、ムニ。そもそもの疑問なんですが、天界の破壊を狙うムニが、なぜ特級天使なのでしょうか。

天使とは神が創った(つくった)もの。ムニという存在は神にとって“必要悪”だったのかもしれませんね。もっと物語を深く知れば、その辺りもみえてくるのでしょうか。

新しい発見がありましたら、また報告させていただきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました