アニメ「プラチナエンド」の実写映画化は?

2021年秋から公開予定のアニメ、プラチナエンド。私は大好きで一気に読んでしまいました。

ところで、「プラチナエンド」に果たして実写映画化はあるのでしょうか?今回はプラチナエンドの実写映画化について、様々な角度から検証してみましたのでご紹介します。

プラチナエンドの実写映画化検証①:作者

ご存じの通り、マンガ「プラチナエンド」は大場つぐみ(原作)、小畑健(漫画)による作品です。このタッグによる作品は「デスノート」「バクマン。」に続く3作目。小畑健さんの作画は他にも「ヒカルの碁」などがあります。

先に発表された「デスノート」「バクマン。」は共に実写映画化されています。さらに日本ではありませんが、中国で「ヒカルの碁」が実写映画化されました。

作者から推測すると、実写映画化される可能性は極めて高いと考えられます。

余談ですが、原作の大場つぐみさんは覆面作家なんだそうで、本名・性別・生年月日が一切非公開なんだとか。一説によると「とっても!ラッキーマン」の作者であるガモウひろしさんとの意見もあるようですが、真相は闇の中。

大場つぐみさんの正体が大物作家さんなのであれば、実写映画化の可能性はますます高くなりますね。

プラチナエンドの実写映画化検証②:ストーリー

神候補となった人間が天使から力を与えられ次世代の神を選んでいく、という本作のストーリー。

与えられる力の「白の矢」「赤の矢」「翼」はどれも“飛び道具”であり、アニメや実写化に向いていると言えます。

飛び道具を使用し、実写映画化された代表作といえば「進撃の巨人」が記憶に新しいところ。立体的な動きを表現するのであれば、実写映画化は持ってこいと言えそうです。

プラチナエンドの実写映画化検証③:話題性

ここまでは“実写映画化があり得る”理由をみてきましたが、最後に懸念点を一つ。

というのも、「プラチナエンド」には“つまらない”という意見が多数挙がっているんです。

ざっと調べた感じだと、“面白い”という意見と“つまらない”という意見が半々くらい。

 アニメは2クール、全24話で完結まで放送が決定しているので、制作サイドとしては人気が出ると予想しているのだと思いますがどうでしょうか。

アニメの視聴率次第では実写映画化も有り得る、くらいが現在の位置づけなのかもしれません。

プラチナエンドがつまらない?という疑問を調べた記事はこちら↓
【プラチナエンド】つまらないという意見をまとめてみた

プラチナエンドの実写映画化 最後に

賛否両論分かれるプラチナエンドですが、実際には実写映画化を望む声も多数挙がっています。

私的には、実写映画化してほしいですね。

実写化が実現するように、アニメをしっかりと応援して盛り上げていきたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました