【スパイファミリー】キース役の声優は高橋広樹さん!プロフィールと過去作品は?

スポンサーリンク
SPY × FAMILY
スポンサーリンク

2022年10月1日より放送開始となる「スパイファミリー」アニメ第2クールにおいて、黄昏たち“WISE”のミッションである〈爆弾テロを阻止せよ〉の主犯、キース・ケプラーの声は高橋広樹さんという声優が担当されています。

第2クールの最大の山場となるこのミッション。テロリストグループのリーダーとして重要なキャラクターなのがこのキース・ケプラーですよね。

今回はキース・ケプラーのキャラクターと、声を担当する高橋広樹さんをご紹介します。

スポンサーリンク

【スパイファミリー】キース・ケプラーとその目的は?

キース・ケプラーは東国の学生テロリストグループのリーダーです。東国の思想がとても強く、過去に戦争していた西国のことを敵視しており、もう一度戦争することを画策します。

戦争のきっかけとして、東国に来ている西国の外務大臣、ブランツを襲撃する計画を立てるキース。その方法は軍用犬に爆弾をくくりつけて移動中のブランツに向かわせるというもの。同じ志を持つ仲間の学生を集め、テロを画策しているのをWISEが察知してから、物語がスタートします。

キースは若く経験も少ないため、テロとしては計画が大雑把なところもあり、黄昏をはじめWISEの総力があれば簡単に阻止できるようにも思われました。しかしその経験の少なさゆえ、テロの“セオリー”のようなものがキースには通用せず、WISEは苦戦を強いられることに。

キースにとって予想外だったのは、自分が調達した軍用犬の中に「未来を見ることができる犬」がいたこと、そして偶然にも対峙したアーニャが「他者の心が読める」という能力を持っていたことでした。爆弾テロが起きる未来を見た犬、そしてその心を読んだアーニャによって、物語は急展開を迎えます。

キースの悪役ぶりを、声優の高橋広樹さんがどのように演じるのかとても楽しみですね。

【スパイファミリー】キース役の声優、高橋広樹さんはどんな人?

高橋広樹さんは1994年から活動されているベテラン声優さんです。声優活動の他にも俳優、歌手としても活動されています。

高橋広樹さんのプロフィール

名前 高橋 広樹
なまえ たかはし ひろき
性別 男性
誕生日 1974年9月7日
年齢 48歳(2022年9月時点)
出身地 東京都
血液型 O型
身長 179cm
職業 声優、俳優、歌手
所属事務所 マック・ミック
公式サイト 高橋広樹|マックミック

1994年に『マクロス7』の金龍役でデビューされた高橋広樹さん。2000年代以降は洋画吹き替えの出演も多く、2005年の『トップガン』日本テレビ版ではトム・クルーズの吹き替えも担当されました。

高橋広樹さんの過去作品

既に20年以上も声優としてのキャリアを持つ高橋広樹さんは、これまで数多くのアニメで重要キャラクターを担当されています。一部だけ、高橋広樹さんが担当されたキャラクターをご紹介します。

・HUNTER×HUNTER(第1作)(ヒソカ役)
・遊☆戯☆王デュエルモンスターズ(城之内克也役)
・テニスの王子様(菊丸英二役)
・ボボボーボ・ボーボボ(ケチャッピ役)
・それいけ!アンパンマン(チョコレートマン〈4代目〉、すいとうくん、おりがみまん〈7代目〉)
・ONE PIECE(ビル、クイーン役)
・おしりたんてい(キシュウ先生 、クマのまんざいし役)
・最果てのパラディン(スタグネイト役)
など多数

 【スパイファミリー】キース役の声優は高橋広樹さん まとめ

アニメ「スパイファミリー」第2クールの重要キャラクターであるキース・ケプラーと、その声を担当される声優の高橋広樹さんをご紹介しました。

ちなみに高橋広樹さんの印象として最も意見が多いのは、『FF14』のエメトセルクの声なんだとか。ピンとくる方も多いのではないでしょうか。

キースはアニメ第2クールにおける最大の敵(ターゲット)と言っても過言ではないので、高橋広樹さんの演技でどのような表現になるのかも見どころになりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました