【スパイファミリー】ビルワトキンスの声優は安元洋貴さん!6歳児の声じゃない

スポンサーリンク
SPY × FAMILY
スポンサーリンク

TVアニメ「スパイファミリー」第10話【ドッジボール大作戦】で登場したアーニャの同級生、ビル・ワトキンスを担当された声優は安元洋貴さんでした。

6歳児らしからぬ体格を持つビルですが、その声が体格に見合った低く渋い声だったことで一時期Twitterでも話題となりましたね。

今回はビル・ワトキンスを担当された声優、安元洋貴さんを詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

【スパイファミリー】ビルワトキンスの声優、安元洋貴さんとは

まずはビル・ワトキンスの声を担当された 安元洋貴さんのプロフィールから。

名前 安元洋貴
なまえ やすもとひろき
ニックネーム あんげん、もっくん、ジャズ元
生年月日 1977年3月16日
年齢 45歳(2022年6月時点)
血液型 B型
身長 179cm
出身地 山口県
家族構成 不明
事務所 シグマ・セブン

2004年にテレビアニメの声優デビューをされた安元さん。これまで様々な“低音ボイスキャラ”を演じてきた実力者です。

【安元さんが担当されたキャラクター】
「鬼灯の冷徹」 鬼灯(ほおずき)
「弱虫ペダル」 金城真護
「BLEACH」 茶渡泰虎
「黒執事」 アグニ
「炎炎ノ消防隊」 カロン
「アオアシ」 伊達望
などなど

低音ボイスが魅力な声優さんだけあって、演じる役柄は基本的に渋めなキャラクターが多いですね。主役を演じることはあまりありませんが、ストーリー上重要なキャラクターによく起用されている印象があります。

アニメの声優としてだけでなく、実は意外なところでも登場している安元さん。

【スパイファミリー】安元洋貴さんが声優を務めたのはビルだけではない?

実は「スパイファミリー」の中で、安元洋貴さんが担当されたのはビル・ワトキンスだけではないんです。

なんと、ビルの父親ダディ役も安元さんが演じています!

6歳児の声とその父親の声が一緒って、もはや反則ですよね。完全に笑わせにきている配役。

そのせいもあってか、放送後の翌日Twitterの【アニメ・漫画】カテゴリーに「トレンドトピック」として安元さんの名前が挙がりました。

【スパイファミリー】ビル役を務めた声優、安元さんは2期でも登場?

原作漫画では【ドッジボール大作戦】以外での登場シーンが無いビル・ワトキンス。安元さんはこのままビルと共に、視聴者を笑わせたまま再登場は無いのでしょうか。

恐らくアニメ2期で、ビル以外のアーニャの同級生役として安元さんが声を担当されることは無いでしょう。あるとすれば、他の大人キャラクターということになりますが、アニメ2期公開前の現時点で情報はありません。

もしかするとアニメ2期でフォージャー家に新しく加わる飼い犬、「ボンド」の声を担当されたり…と考えるのは私だけでしょうか。

【スパイファミリー】ボンドの声優は誰?

【スパイファミリー】ビルワトキンスの声優、安元洋貴さん まとめ

アーニャの同級生で6歳のビル・ワトキンスの声を担当されたのは、超低音ボイスが魅力の安元洋貴さんでした。スパイファミリーの中では6歳児とその父親の声を両方担当されるという離れ業も披露されています。

「スパイファミリー」はアニメ公開前から原作漫画が大ヒットしているだけに、担当される声優さんも豪華な顔ぶればかりですね。果たしてアニメ第2期で安元さんが登場することはあるのでしょうか。

10月から公開のアニメ第2期がとても楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました