【ブルーピリオド】アニメを制作するのはどんな会社?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2021年秋公開のアニメ「ブルーピリオド」。ストーリーもそうですが、美術をアニメで描くという「絵を絵で描く」ところをどう表現するのか、興味がありますよね。

そんな「ブルーピリオド」を制作する会社はいったいどんなところなんでしょうか。今回はアニメの制作会社について調査していきます。

スポンサーリンク

ブルーピリオドのアニメ制作会社はどこ?

・アニメ制作はSeven Arcs

2002年に設立され、現在はTBSのグループ会社になっています。

ちょっとネット上の皆さんの反応を見てみましょう。

やはり制作会社の違いで気になるのは、「原作の世界観を壊さず描く作画力があるか」というところのようですね。

公式サイトではPVが公開されています。私としては原作をうまく表現できているように感じますが、皆さんはいかがでしょうか?

ブルーピリオド以外で同じ会社のアニメ作品は?

ここからはアニメ「ブルーピリオド」への期待を高めるため、Seven Arcsが手掛けたほかの作品を簡単にご紹介します。

・魔法少女リリカルなのは シリーズ

・ViVid Strike!

・トニカクカワイイ

これまでの傾向をみると、「ブルーピリオド」とは少々違った方向性のアニメ作品が多いですね。

ブルーピリオド アニメ制作会社 最後に

Seven Arcsが描くアニメ「ブルーピリオド」。過去作品の傾向から少々不安な声も挙がっていますが、それも期待の表れなのではないでしょうか。

原作のスポ魂青春ストーリーをどこまで表現できるのか、非常に楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました