「アオアシ」はつまらない?

TVアニメ化も決定し、ますます勢いに乗る「アオアシ」。

でもハマる人がいる一方で、「つまらない」と感じる人がいるのも事実のようです。今回はアオアシが「つまらない」と感じる理由を考えてみたいと思います。

「アオアシ」がつまらない ①サッカーが難しく感じる

アオアシを読んでいると、戦術から始まってサッカーって本当に頭を使うスポーツなんだな、と感じます。「つまらない」と感じる人は、この「考えながら読む」というところに苦手意識があるのかもしれません。他のスポーツ漫画の多くは選手のプレーの凄さを描くことが多く、選手の“頭の中”にこれほどフォーカスがあたっている作品も珍しいと思います。サッカー自体に興味のない人からすると、選手の頭の中の話をされてもついていけないのかもしれないですね。

でもアオアシに登場する「考え方」は、実はサッカー以外にも応用できると話題です。日常生活や仕事において、葦人や福田監督、または他のキャラクターから学べることが多いのもこの作品が人気な理由の一つなのかな、と思います。

「アオアシ」の考え方をビジネスに活かす

「アオアシ」がつまらない ②結局主人公の能力がすごい

スポーツ漫画って、主人公に特殊な能力があると一気につまらなくなること、ありますよね。せっかく選手と自分を重ね合わせようとしているのに、人間離れしすぎて現実味がなくなるというか。

アオアシの主人公、葦人の凄さは「俯瞰能力」です。作品の途中では「イーグルアイ」なんて言われたりもしていますね。まるで鳥が上空から見下ろしたように、フィールド上の選手の配置や動きを記憶できる能力です。上京前、福田監督が葦人に目をつけた理由もこの「俯瞰能力」を見抜いたから。

【アオアシ】葦人の俯瞰能力から学ぶ

これについては、むしろサッカー経験者の方が「つまらない」と感じるポイントになるのかな、と思います。あまりに常人離れしていて、葦人が成長する姿に共感できないのかもしれません。

確かに現実でいったら出来過ぎている能力、ストーリーとも思いますが、技術や精神力において「人間らしい」一面もふんだんに使われているアオアシだからこそ、多くの人が葦人の成長に熱中してしまうのかもしれないですね。

「アオアシ」がつまらない ③恋愛要素は要らない

正直、「つまらない」という意見で最も目立ったのがこちら。

ヒロイン(?)にあたる一条花は、作品の冒頭からしっかりと登場します。恋愛要素を取り入れるのは最初から決まっていたストーリーなのでしょう。でも純粋にサッカー漫画として読みたい読者には、恋愛要素は少しジャマに感じることもあるんだとか。

個人的にですが、恋愛要素はアオアシという作品に「厚み」を持たせているのではないかと思っています。もちろんプロを目指す以上、サッカーだけに集中した方がストーリーがスッキリしますが、それだと一部のサッカーファンにしか受け入れられない漫画になるような気が。程よく恋愛要素を取り入れるからこそ、サッカーに興味がない人も面白く読めるのかな、と思います。

「アオアシ」がつまらない まとめ

今回調べてみて「つまらない」という意見はごく少数で、圧倒的に「面白い!」という意見が多い のを実感しました。個人的にも、サッカーマンガとしてだけでなくマネジメントや考え方を学べる素晴らしい作品だと思います。

葦人をDFへ転向させるために福田監督が使った方法とは?

TVアニメ化されて、今までマンガを知らなかった人がどのような反応を示すのかも楽しみなところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました