【東京リベンジャーズ】稀咲鉄太(きさきてった)の誕生日は?稀咲は死亡キャラ?

東京リベンジャーズ

東京リベンジャーズに登場する花垣武道の宿敵、稀咲鉄太(きさきてった)。物語の序盤から登場し、武道と度々対峙する稀咲ですが、彼の誕生日は一体いつなのでしょうか。

今回は稀咲鉄太の誕生日を含むプロフィールと、最終的に彼が死亡キャラなのかどうかを解説します。

【東京リベンジャーズ】稀咲鉄太(きさきてった)の誕生日は?

稀咲鉄太の誕生日は「1992年1月20日」です。早生まれですが、主人公である花垣武道とは同じ学年です。

簡単に、稀咲鉄太のプロフィールを紹介しますね。

名前 稀咲 鉄太
なまえ きさき てった
誕生日 1992年1月20日
星座 みずがめ座
身長 164cm
体重 58kg
血液型 A型
所属歴 愛美愛主(メビウス)
→東京卍會参番隊隊長
→横浜天竺総参謀

武道がタイムリープした過去では、中学2年生だった稀咲鉄太。かなり頭がキレるキャラクターで、自分の手は汚さずに他人を操ることで欲しいものを手に入れていきます。

表では東卍の参番隊隊長としてマイキーに取り入る一方、裏では芭流覇羅(バルハラ)の副総長である半間と繋がっています。

現代で橘日向と橘直人を殺した黒幕でもある人物で、慎重な性格ゆえ警察にも尻尾を掴ませない謎の人物として登場します。武道が何度タイムリープして橘日向を救おうとしても、その度に手段を変えて現代を地獄に変えている張本人。

そんな稀咲鉄太が不良になるきっかけとなったのは、まさかの武道でした。小学6年生の時に好きだった橘日向が後に不良少年となる武道に惚れるのを目の当たりにし、武道と日向が付き合い始めたのをきっかけに自分が日本一の不良を目指すことを決めたのでした。

【東京リベンジャーズ】稀咲鉄太(きさきてった)は死亡キャラ?

物語の黒幕的存在だった稀咲鉄太ですが、原作漫画21巻の184話、武道の9回目のタイムリープで起きた関東事変にて、武道に追われている最中に道路で立ち止まり、トラックに轢かれて死亡します。

物語当初から圧倒的な存在感を放っていた稀咲にしては、あっけない最期だったと言えるかもしれません。

【東京リベンジャーズ】稀咲鉄太のプロフィールと最期 まとめ

稀咲鉄太は1992年1月20日生まれのみずがめ座。腕っぷしよりも頭脳で不良界でのし上がった経歴の持ち主です。武道の宿敵であり、物語の黒幕と思われた稀咲鉄太ですが、武道の9回目のタイムリープでトラックに轢かれ、あっけなく最期を迎えます。

東京リベンジャーズは各キャラクターに細かなプロフィール設定があることでも知られています。どのキャラクターも人間味にあふれているのが、作品に共感できるファンを増やしている理由なのかもしれませんね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました